【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

メトロ2A号線がついに開業!無料 乗車期間を満喫する首都ハノイの人々| 週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

2021年11月6日、カットリンとハドンを結ぶ都市鉄道ハノイメトロがついに開業。午前7時に正式に運行を開始した。運行時間は午前5時30分から22時30分、運行間隔は通常時間帯は10分毎、ピーク時は6分毎となる予定だ。

運賃は7,000〜1万5,000VNDと乗車区間により異なる。一日乗車券は3万VND。定期券には月額20万VND の一般定期券と月額10万VNDの優先定期券の2種類があり、団体用の割引運賃も設定されている。

11年間にわたり首都ハノイの人々が待ちわびていたメトロの開通。開業から15日間無料運行が実施されたこともあり、乗り心地を確かめようと連日多くの人が駅に足を運んだ。運行開始から1週間にして16万6,000人以上の乗客が無料乗車を体験した。

「ベトナム初の都市鉄道が開通するまでの10年間は本当に長い道のりだった。このメトロの開通により、渋滞が少しでも緩和されることを願っている。安全のため、渋滞緩和のために、自家用車ではなく電車を利用することを家族に勧めたい」「駅の設備もとてもモダンできれい。とても文明的で便利な交通手段。順調にいけば、多くの人々が利用するだろう」 「乗り心地はとてもスムーズで快適。振動も穏やかで、まるで日本など外国の都市鉄道に乗っているよう」など、ハノイ市民は喜びを隠せない。駅構内で写真を撮るためだけに訪れる人、駅まで2km歩いてでもメトロを使用したいという人もいる。

価格帯への不満の声も聞かれず、移動コストの削減および質の高いサービスの継続へ期待も高い。パンデミックにもかかわらず高い集客率を記録したこの公共交通機関の未来は明るそうだ。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから

カテゴリー