【12月締切】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

サイゴン動物園がついに再開! 予想を超えた再開初日の来場者数| 週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

近年エクササイズ目的だけではなく、景色を楽しみながら街中を駆け巡るアクティビティとしてのサイクリングが流行している。2021年11月5日、コロナ禍で5ヶ月以上閉鎖されていたサイゴン動植物園の再開が正式に発表された。チケット価格は以前と変更なく、大人6万VND、子供4万VND、身長1m未満の子供は無料となっている。

サイゴン動植物園は、ホーチミン市の中心部にある、世界で8番目に古い動植物保護公園だ。この場所では、多くの希少種を含む約125種、1,300頭以上の動物が飼育されている。植物園では900種以上、計2,500本以上の樹木が大切に育てられている。今回の再開に辿り着くまでに、資金不足に直面し、動物たちの飼育費が賄えなくなったサイゴン動植物園。パンデミックの収束を待つ間、動物たちが栄養不足にならないよう助けて欲しい、という支援を募る呼び掛けに多くの個人や団体が救済の手を差し伸べた。

コロナ禍で動物の世話を続けた約30名の動植物園のスタッフは、動物たちに愛情と思いやりを注いでくれたオンラインコミュニティの支援に心より感謝している。開園初日、久しぶりに動物たちの姿を見るために朝早くから多くの人々が園を訪れた。健やかな動物たちの様子は、訪れたたくさんの人々を安心させた。動物たちにより良い環境とケアが与えられるよう、スタッフをサポートしたいという強い想いで入園チケットを購入した人も多い。

幼い子供のいる家族だけでなく、長い間自宅に籠り窮屈な思いをしてきた子供たち、市街地への外出を控えていた若者たちもまた、動物園の再開を楽しみにしてきた。救済の手を伸ばしてくれた人々、コロナ禍でストレスを感じている市民に満足してもらえるよう、動植物園の管理委員会は今後も一層の努力を続けるだろう。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから

カテゴリー