イーレックス、バイオマス発電事業へ出資参画

日本最大のバイオマス発電事業者であるイーレックス株式会社は1日、ベトナムのバイオマス発電事業へ出資参画すると発表した。海外におけるバイオマス発電事業の第一号案件となる。

同社は、国営ベトナム電力総公社(EVN)の傘下のPower Engineering Consulting Joint Stock Company2、Son My Renewable Energy Joint Stock Company、地元燃料供給会社によってバイオマス発電所の建設、運営するために設立された事業会社Hau Giang Bio Energy社に出資する。

バイオマス発電所はハウジャン省に建設予定で、着工は2022年夏頃、商用運転開始は2024年秋頃を見込んでいる。主要燃料はもみ殻で、発電出力は20メガワット。年間発電量は⼀般家庭約9万3000世帯分に相当する。


カテゴリー