ベトナムビジネスに役立つ情報を無料でお届け!○○に登録すべき3つの理由とは?

インスタント麺の消費、世界3位

写真はCafeFから引用

世界ラーメン協会 (WINA)によると、ベトナム市場では2020年にインスタント麺の消費量が約70億3000万袋に達し、中国、インドネシアに次ぐ世界3位となった。
インスタント麺の消費量の伸び率については、ベトナムが中国を上回っている。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)禍で、世界のインスタント麺の消費量は大幅に増加し、2020年の消費量は前年比14.79%増となった。特に中国や韓国、日本をはじめとする東アジアでの消費量は全世界の56.45%に達した。また東南アジア諸国の消費量は同 25.24%で、主な消費国はインドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、マレーシアとなっている。

市場調査会社のFacts and Factorsのレポートによると、世界のインスタント麺の売上高は2020年は約456億7000万米ドルだったが、2026年には約735億5000万米ドルになる見込み。2021〜2026年期における年間成長率は平均で6%の予測だ。
ニールセンベトナムの最新のレポートによると、ベトナム国内には外資企業も含め約50社がインスタント麺を製造している。そのうち一部の企業は輸出量が前年比約300%増となった。

ベトナム産のインスタントラーメンやインスタントフォーは約40カ国に輸出されている。

引用元:Zing news 8月13日/CafeF 8月14日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー