ベトナムビジネスに役立つ情報を無料でお届け!○○に登録すべき3つの理由とは?

【EXPO参加前に読みたいコラム③】これまでの成功事例にみるDXの肝とは

VIETEXPERT(by週刊ベッター)×VIETJO初の共催企画となる『ONLINE BUSINESS EXPO VIETNAM 2021』(ビジネスエキスポ2021)が、今年9月7日(火)-9日(木)に開催されます。

バックオフィス業務のDX化、採用活動のデジタル化など幅広いテーマについて、全12社の業界エキスパートが登壇し、コロナ禍のピンチをチャンスに変えるヒントをお伝えします。

今回は開催に先立ち、EXPO参加前に事前に知っておきたいコラム記事を3週連続でお届け!ベトナムの”今”を知ることができるビジネスエキスポ2021、最後までぜひお見逃しなく。

これまでの成功事例にみるDXの肝とは

KDDI VIET NAM CORPORATION 長谷川 正昭氏

DXというと、ベトナムではまだ先の話というイメージをお持ちの方が多いですが、実は日本人以上にベトナム人はデジタル技術への適応力は高いことからも、既に適用段階にあると考えます。DXで全ての業務が自動化していくというのは少し未来の話であるものの、人の業務とデジタルを結び付け、効果を出していく施策は導入が進んでおります。


具体的には、弊社自身の事例ですが、お客様訪問時の作業報告書をタブレット端末を使いデジタル化、その作業結果を社内管理システムへ入力する業務をRPAというDX技術を使い自動化しています。これにより下記の効果が得られました。 

・毎日のバックオフィス業務時間の削減
・確実に定期的な情報集計が出来るようになった
・空いた時間でお客様対応時間のさらなる改善
・お客様側の作業報告の理解度が高まった

DX化というのは単純にツールの導入だけでは成功につながりません。本事例のように業務の改善/向上をイメージし、運用とセットで導入することが重要だと考えています。

BUSINESS BRAIN SHOWA-OTA VIETNAM CO., LTD. 鈴木 亨氏

経理及び周辺業務は簡素な仕組みで、経理は税務申告目的の記帳、業務系はEXCEL管理という現地企業が殆どです。欲しい情報は担当の手元にしかない、属人的な集計方法は他の担当からは理解不能といった不都合がDX化の契機となることが多いですが、まず、自社にとっての最適な管理・運用方針をプランすることが重要です。


現状からの変化に対し、現地担当者は当初は追い付けないことは多いですが、必要性や後工程が効率化されることを繰り返し教育すれば、理解度・習熟度も促進され、効果を感じて前向きな姿勢も生まれてきます。「先を読み、経営に活かす」DX化推進と共に、現地担当者の成長は企業にとって大きな財産となります。

続きは、EXPO当日の講演にて!もっと詳細を知りたい方は、ぜひご参加ください。皆様のご来場お待ちしています。

いよいよ来週開催!ビジネスEXPOは9月7日(火)-9日(木)に開催!


事前のお申し込みで、全ての講演が参加無料!ベトナムビジネスの課題解決につながるヒントが満載です。

開催概要

日程 2021年9月7日(火)・8日(水)・9日(木) 9:30-15:30(ベトナム時間)
※日本時間11:30-17:30
※1日に4社登壇、1社最大1時間のセミナー講演
形式 オンライン(ZOOMウェビナー、当日ライブ配信)
参加費 無料
登壇企業 12社(1社=1講演)
参加人数 1講演あたり最大500名
申込方法 事前登録(必須)
※12種類から希望するセミナー講演1つ以上を選択。複数参加可。
視聴方法 ZOOMのURLよりアクセス(URLは後日メールで共有)
※開催2週間前までにメールが届かない場合、迷惑メールフォルダ等に自動的に振り分けられている可能性がありますのでご確認ください。
言語 日本語


\各講演の詳細・お申し込み(無料)はこちらから!/
全12講演が無料で視聴できるビジネスエキスポ2021。ベトナム国内はもちろん、日本や海外諸国など、どこからでもオンライン上でご参加いただけます。

カテゴリー