今知りたいベトナムのビジネス情報を無料で入手!詳細はこちら

第一三共、アストラぜネカ製ワクチンをベトナムなどへ提供

第一三共株式会社は、アストラゼネカ株式会社の新型コロナウイルスワクチン「バキスゼブリア TM 筋注」を同社子会社の第一三共バイオテック株式会社から出荷し、日本政府を通じてベトナムをはじめとする東南アジアに提供すると6月16日に明らかにした。

第一三共は、2021年2月にアストラゼネカと締結した同ワクチンの製造委受託契約に基づき、同年3月から第一三共バイオテックにおいて同ワクチンの製剤化(バイアル充填、包装等を含む)を行っている。

同ワクチンに関しては、日本政府から3000万回分を目途にCOVAX等を通じて各国・地域に供給することが発表されている。これを受け、今後同社から出荷するワクチンの一部は、日本政府を通じて東南アジアの各国等をはじめとした各地域に提供される見込み。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー