成果報酬型のベトナム人向けEコマース支援・代行サービス|詳細はこちら

ロボットが活躍している分野4選

今までロボットは単純な繰り返し作業にしか対応できないと考えられていましたが、ここ数年、センサーやモーションコントロール、AIの向上により、ロボットはこれまで以上に柔軟に対応できるようになりました。

さらに、ロボットはどんな環境でも作業ができるため、生産性や安全性を向上させることができます。それ以外にも、ロボットにはさまざまな利点があるため、効率性と収益性を高めるために導入するところが増えています。この記事では、ロボットが活躍している4つの分野を紹介します。

医療

医療分野は今後最も成長が見込まれる分野のひとつと言われています。特に最近では、ロボット技術を活用して医療業務を支援する医療ロボットが活躍しています。医師が制御する手術用ロボットはすでに実用化されていて、将来的に動脈の詰まりを解消したり、血液の粘性を測定したり、体内の正確な位置に薬を投与したりするために、生物学的および機械的な微小ロボットが使用されると言われています。

ロボットが医療業界で行っている仕事には次のようなものがあります。

  • 患者の身体を持ち上げたり、体位を変えたりする。
  • 研究室のサンプルやレポートを届ける。
  • 体温、血圧、血糖値の測定など、患者の日常的なモニタリングを行う。

ちなみに、ベトナムではコロナウイルス感染拡大の防止のために、人間に代わって薬や食料の配達、ゴミの収集などの作業を行うロボットや、コロナウイルス予防のための殺菌に特化した、隔離エリアや治療室などで消毒液を噴霧することができるロボットが活躍しています。

農業

質のいい野菜や果物の栽培は、反復的で骨の折れる作業です。そして、農作業の多くは今でも手作業で行われています。Blue River Technology社では、画像認識により生育不良のレタスの苗を識別し、生育不良の苗にのみ除草剤を散布することで、レタスの間引き作業を自動化するロボット「LettuceBot」を開発しています。

また、ドイツのトラクターメーカーであるFendt社は、無線とGPSを使ったシステムを開発し、無人のトラクターが有人のトラクターに追従して畑を回ることで、生産量を倍増させることに成功しています。

製造業

製造工場(特に自動車工場)では、自動化されたロボットシステムが利用されていて、ロボットが複雑な作業を担うようになっています。さらに、センサーとAIの高度化により安全性が劇的に向上したことで、人間とロボットが同じ空間を共有して作業ができるようになりました。

人間の判断が必要な作業は従業員が継続して行い、持久力が必要な作業や、暑さや寒さ、危険を伴う作業はロボットが担当するということも実現可能です。産業用ロボット導入のファーストステップとなる、ロボットアームやロボットハンドは、人手不足が深刻化している製造現場での自動化に貢献しています。

飲食業

飲食業界におけるロボットの活用は、急速に進んでいます。レストランで、サラダの準備をしたりハンバーガーのパテを裏返す作業をしたりなど、作業の均一化と効率化のためにロボットを利用するケースが増えています。

飲食業界は長い間、ロボット技術を導入できませんでしたが、今日では、技術の進歩により食品加工におけるロボット技術の利用が増加しています。今後も、飲食業界ではロボット技術の導入が進んでいくことでしょう。

カテゴリー