成果報酬型のベトナム人向けEコマース支援・代行サービス|詳細はこちら

べカメックス東急と川崎フロンターレが提携 サッカースクール事業へ

東急株式会社の子会社であり、ビンズン新都市の開発を行う「BECAMEX TOKYU CO.,LTD.(以下、ベカメックス東急)」と東急線沿線をホームに活躍する株式会社川崎フロンターレは基本協定を締結し、ベトナム初のJリーグクラブによるサッカースクール事業を今秋に開始することを5月17日に発表した。

同事業は、これまでビンズン新都市において2013年からサッカーの普及活動を継続してきた川崎フロンターレとベカメックス東急が連携することで、質の高いサッカー選手の育成に加え、サッカーを通じた地域貢献や、ビンズン新都市の未来を担う子どもたちの成長を支える場の提供を目指すという。

川崎フロンターレのコーチ2名がビンズン新都市に常駐し、直接指導することで、川崎フロンターレの指導方針「テクニック」「原理・原則」「社会性」の3つの視点から、サッカースクールに通う各人の個性を育んでいくとしている。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー