成果報酬型のベトナム人向けEコマース支援・代行サービス|詳細はこちら

HCM市は生活費が安い ~ASEAN生活費ランキング発表~

(C) Quynh Tran.

マレーシアのiPriceは先ごろ、東南アジア地域の6大都市における1人当たりの1カ月の生活費に関する調査結果を発表した。

それによると、6大都市での生活費は高い順から、◇シンガポール(約2467米ドル)、◇バンコク(約1061米ドル)、◇マニラ(約1046米ドル)、◇ジャカルタ(約845米ドル)、◇ホーチミン市(約816米ドル)、◇クアラルンプール(約789米ドル)となっている。これらの生活費には家賃や食費、交通費、雑費が含まれている。

ホーチミン市については、生活費は6都市の中で2番目に安く、シンガポールの約3分の1、また生活費が最も安いクアラルンプールとはわずかな差にとどまっている。

さらに、市街地におけるワンルームアパートの月額賃貸料については、ホーチミン市では中心部の物件で約346米ドル、郊外物件で216米ドルとなり、クアラルンプールよりも16%高くなっている。また戸建て住宅の月額賃料では、ホーチミン市はシンガポールの約4分の1にとどまる一方で、ジャカルタやクアラルンプールに比べると高い水準となった。

ホーチミン市は人口約900万人を擁し、外国人居住者は約6万人に上る。

引用元:VnExpress 4月28日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー