ベトナムニュースをLINEで毎週配信!無料登録はこちら

お客さま第一主義「出会えてよかった」にこだわる製鉄加工メーカー

2021年、週刊Vetterに掲載された記事の転載です。

日本の品質が高い製鉄は、高層ビル建設、世界最速の鉄道、世界トップクラスの自動車、機械などに供給され続け、世界に冠たる日本の製造業の基盤として、また、日本の経済の基盤として重要な役割を担ってきた。

21世紀に入り、日本の製造業がぞくぞくと海外進出を続ける中、その重要な基盤を担う鉄鋼メーカー、製鉄加工メーカーも海外進出を果たしている。

業界をリードする製鉄加工メーカー

昭和22年大阪で創業した「抱月工業株式会社」は、溶接・加工メーカーをはじめ、建設機械や産業機械、医療設備機器メーカーとの取引により、日本国内では業界をリードする製鉄加工メーカーである。

お客さま第一主義「出会えてよかった」にこだわる

2004年、抱月工業大久保社長は、最初のベトナム人実習生候補者の面接を行なった。この面接で出会った青年、Tin氏の人柄、覚悟に惚れ込み、当時としては珍しい新卒正社員としての採用のみならず、その場で、将来のベトナム法人設立を心に決める。

その後Tin氏は熱心に仕事を覚え、日本語の勉強を怠ることなく努力を続け、抱月工業のリーダーとなる。2013年、ベトナム法人「HOUGETSU VIETNAM CO.,LTD」を設立。Tin氏は現在同社の工場長の要職を務めている。「一つひとつの貴重な出会いを大切にし、絶えず努力できる企業でありたいと思っています。品質向上や納期管理の見直しをはじめ、多彩なニーズへの柔軟な対応。どんなときも相手の立場に立って良い関係を育めば、また新たな出会いへとつながっていくはずです。」と大久保社長は語る。

HOUGETSU VIETNAM4つの強み

同社は4つの強みを有する。
第一の強み:豊富な在庫。日本および韓国高炉メーカーの圧延鋼板、日本や台湾メーカーなどのフラットバーを常時2,000トンの在庫をベトナムに保有する。全てJIS規格品、ミルシート付きである。板厚はt3.2mmからt150mm。材質はSS400をベースに、SM490、SM570、S45Cなどの在庫があり、要望によってはASTM規格で調達することも可能。

第二の強み:低価格の輸送コスト。輸送コストは製品原価の大きなウエイトを占める要素であり、輸送コストを下げることができれば製品価格を抑えることにつながる。同社を拠点に、独自の海上輸送経路を確立。ハノイ、ハイフォン、日本など、場所を問わず満足できる低価格を実現している。

第三の強み:ハイクオリティーな機械設備。ガス切断、プラズマ切断、フライス、ドリル、ネジ穴、ロール曲げ、ショット、開先などお客さまの多様なニーズに応える加工が可能である。

第四の強み:お客さま第一主義「出会えてよかった」にこだわるソフトパワー。「こんな材料が欲しい!」「こんな加工はできないか?」「この価格でできないか?」「この納期でできないか?」その声に真摯に応えてくれる社員がそろっているのだ。

基本情報

HOGETSU VIETNAM CO.,LTD

住所 Road 4, Nhon Trach 3 IZ-Phase 2 Nhon Trach Dist., Dong Nai Prov.
電話番号 025-1356-8818(日本語)
メール h.hasegawa@hogetsu.com.vn

カテゴリー