大日本印刷とベトナム国家大学、共同研究を開始

 大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、ベトナム国家大学(以下、VNU)ハノイ校と共同で、AI(人工知能)を活用して“ここちよい売場”作りを支援する研究を開始する。
 来店者が店頭の商品に関心を持った際のしぐさや反応をAIで捉え、関心度合いの変化をもとに最適なインタラクションで来店者の満足感を高める「行動認識AI」の開発と、関心度合いの可視化を目指す「インタラクションシステム」の研究を進めるという。
 近年、電子商取引(EC)サイトとリアルな店舗の融合が進み、店舗においては独自の“新しい顧客体験”の提供が求められている。こうした中、DNPとVNUは、共同研究の一部をプロトタイプとして開発し、展示会でのデモを進めている。今後は「行動認識AI」の精度向上および店舗での“新しい顧客体験”を提供するインタラクションシステムの開発を進め、実店舗での実証実験を目指していく見通しだ。


カテゴリー