カトーレック、ベトナムに物流センターが完成

 カトーレック株式会社は3月16日、ハナム省に物流センターが竣工したことを明らかにした。同社は、海外ロジスティクス事業拡大のため、2019年1月にKATOLEC GLOBAL LOGISTICS VIETNAM CO., LTD.を設立し、同年7月に物流センターの建設を開始した。
 物流センターには、ベトナムと日本、両国の法規に準拠した危険品保管用の倉庫を併設している。また同センターは、グローバルロジスティクス事業では、タイ、香港に続く3番目の拠点となる。
 ハナム省ドンバンⅢ工業団地は、北部の幹線道路に通じる至便な立地で、政府認定の日系企業専用の工業団地のひとつ。現在、各種部品や素材を製造する裾野産業が多く入居しており、ディストリビューションセンター(DC)のニーズが高まっている。また、塗料や原材料など引火性液体を安全に保管する危険品倉庫の需要も高まっているという。


カテゴリー