バイク需要が鈍化

(C) CONG TRUNG

ベトナム二輪車メーカー協会(VAMM)によると、2020年第4四半期のバイク販売台数は78万4878台で、前期比では約10万台増となったものの、前年同期比では14.6%減となった。

また2020年通年の販売台数は前年比約17%減の約270万台で、売上高は4期連続で減少した。ここ数年のバイク販売台数は減少が続いており、2018年は約330万台、2019年は約320万台となっている。

某バイクメーカーの正規販売店によると、国内のバイク市場は飽和状態にあり、以前のような力強い成長はみられない。そのような状況下で、電動バイクへの乗り換えや、自動車価格の下落といった要因も重なり、バイクの需要が鈍化しているという。

引用元:Tuoi Tre 1月15日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー