ホテル産業、回復に数年かかる見込み

(C) Vu Le

サヴィルズ・ベトナム社によると、2020年はホーチミン市内の宿泊施設の客室稼働率が大幅に落ち込んだ。

具体的には、同市を訪れた外国人旅客は前年比85%減、国内旅客は54%減で、ホテルの平均客室稼働率は前年比54ポイント減の約20%で、宿泊料金は平均19%低下した。

一方、3〜5つ星ホテルの多くが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の隔離施設として客室を供用した。この場合、稼働率は80%超となり、宿泊料は3度の食事と健康診断を含むパッケージ料金を適用したことから通常よりも49%高となった。

サヴィルズ社は、今後約2年間はCOVID-19ワクチン開発がホテル産業の回復を後押しして、2024年までには完全に回復するとみている。

引用元:VnExpress 1月21日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー