ベトナムニュースをLINEで毎週配信!無料登録はこちら

出光、工場の屋根置き太陽光発電事業がJCM設備補助事業に

出光興産株式会社が海外での再生可能エネルギーの普及を目的にベトナムのバイオマス発電用ペレット工場で実施する「ペレット工場への2メガワット(MW)屋根置き太陽光発電システムの導入」事業が、環境省の「令和2年度二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業のうち設備補助事業」に採択された。

この事業は、ビンディン省にある「Ha Tien Energy Corporation Multi-member LLC (以下、HATIECO)」が運営するバイオマス発電用ペレット工場の屋根に、HATIECOの親会社である「TTCL Public Company Limited」と共同で、2メガワットの太陽光発電システムを設置し、発電した電力を工場所有者であるHATIECOへ販売するもの。

同プロジェクトによる二酸化炭素排出削減量は1024トン/年の見込み。なお、完工時期は2022年を予定している。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー