旧正月のポチ袋、国産が人気

(C) Phuong Duy

ハノイ旧市街のハンマー通りでは、旧正月用のポチ袋を買い求める人々で賑わっている。

ある雑貨屋の店主によると、この時期に来店するのは仲買業者が多く、旧正月休暇の約1種間前ごろになると一般客が多く訪れるという。

ポチ袋1束あたりの販売価格は、小さなサイズのもので卸売価格が6000~1万5000ドン、小売価格が約2万ドンなどとなっている。人気キャラクターが描かれたものなどもあり、子どもたちにも好評だ。

今年の特徴としては、国産ポチ袋の品質が改善して種類も豊富なことから、中国製のものよりも売れ行きが良いという。

引用元:Lao Dong 1月19日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー