日・韓への輸出は好調、新型肺炎の影響なし=輸出業者

新型コロナウイルスによる肺炎が流行する一方、ベトナムから日本と韓国への輸出への影響は現在のところなく、引き続き好調だという。
サイゴン・フードのレ・ティ・タイン・ラム副社長は「日本への加工済み冷凍品の輸出はこれまでになんの影響も出ていない」と説明。さらに「注文はこれまでに2倍に増えているが、これには応えられていない」とする。
同社では輸出向け商品の原材料を日本や欧州諸国から輸入しており、これを加工し、再輸出しているという。また国内市場向けについても、鍋物、即席めん、春雨、めん類などの需要が倍増している。
南部ロンアン省に本拠を置くアンフイ社は日本、韓国、マレーシア、中国にバナナを輸出している。日本と韓国向けのバナナ輸出は引き続き好調だ。

カテゴリー