新型コロナでオフィス物件の利用に変化

(C) Quynh Tran

CBRE Vietnam社は先ごろ、ホーチミン市における2020年の賃貸オフィス市場に関するレポートを公表した。

それによると、Aクラス物件の空室率は2020年通年で18.1%となり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行前の4%から大幅に増加した。またBクラス物件の空室率は9.1%となっている。空室率の増加要因は、入居していた企業が市場から撤退、もしくはより低賃料の物件へ移転したため。

COVID-19禍で企業のオフィス物件の利用に変化があらわれた。企業は経営効率を維持しつつ、従業員の健康、オフィス賃料のコストカットをより重視するようになったという。

また、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査でも、企業がオフィスでの密集を避けるために、オフィス勤務とテレワークを組み合わせる動きが出ていることが分かった。

引用元:Sai Gon Giai Phong 1月9日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー