Viettelがリブランディング、ロゴを刷新

(C) Viettel

1月7日、軍隊工業通信グループ(Viettel)は、自社の新しいロゴとスローガンを発表した。Viettelのリブランディングは、2004年以来2回目となる。
同社によると、今回のリブランディングは発展戦略の大きな変更によるもの。

Viettelは2019年に創業30周年を迎え、自社のミッションを「デジタルソサエティのパイオニア」として、電気通信事業者からデジタルサービスプロバイダー(DSP)へ事業転換した。

そして直近の2年間では、デジタルソサエティを構築すべくデジタルインフラ、デジタルファイナンス、ハイテクリサーチなど6つの部門を整備した。

またスローガンについては、「Say it your way」から「Your way」に変更となった。旧スローガンでは「消費者がViettelに求めるサービスを知りたい」を意味していたが、新スローガンには、第4次産業革命で人工知能(AI)やビッグデータ、オートメーション技術などにより「消費者の要望をリアルタイムでキャッチしてサービスを供給する」という想いを込めた。

Viettelグループの2019年の売上高は約250兆ドン、税引前利益は約38兆 1000億ドン。現在は11カ国で事業を展開し、約7万人の雇用を創出した。
ブランドファイナンスはViettelのブランド価値を58億米ドルと評価している。

引用元:VnExpress 1月7日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー