マスク輸出、3カ月連続で増加

統計総局によると、11月の医療マスクの輸出枚数は前月比20.6%増の約1億7300万枚で、3カ月連続で上昇した。主要輸出企業は約50社で、前月から10社減となった。

年初11カ月の累計では約13億枚。最も輸出枚数が多かったのは、6月の約2億3612万枚。マスク輸出が大幅に伸びたのは今年4月末からで、政府決議No.60/NQ-CPによりマスクの輸出制限が解除され、多くの企業でマスクの増産が始まった。

複数の企業によると、現在はマスク需要が落ち着き、供給が飽和状態になりつつあるという。

引用元:Zing news 12月22日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー