バンブー航空、定時運航率で2年連続トップ

写真はTin Tucから引用

交通運輸省ベトナム航空局によると、2020年の国内航空各社の定時運航率(OTP)の平均は前年比4.5%増の90.9%となった。

航空会社別では、トップはバンブー航空の95.8%(前年比1.7%増)、2位はベトナム航空(VNA)の92%、3位はパシフィック航空の88.4%、4位はベトジェットエアの88.1%。

バンブー航空が運航したフライト数は前年比40%増となる中で、OTPは全体平均を4.9%上回り、2年連続でトップとなった。

遅延便の原因トップは使用機材の到着遅れ(59.5%)で、欠航便の原因トップは気象条件(16.8%)によるものとなっている。

引用元:Tin Tuc 1月11日/Bao Dau tu 1月11日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー