木徳神糧、ベトナム人の「駆け込み寺」大恩寺へ米を寄付

木徳神糧株式会社は、ベトナムから来日した技能実習生や留学生が新型コロナウイルス感染症拡大の影響による雇い止め等で生活に困窮する状況に陥り、大恩寺に身を寄せているという状況を報道で知り、12月23日に大恩寺を訪問し、海外事業部から長粒米のホワイトライス(5キログラム×100袋)を寄付した。

在日ベトナム仏教信者会会長のティック・タム・チー氏が住職を務める埼玉県の大恩寺は、様々な面で在日ベトナム人の支援を行い、日本で暮らすベトナム人の心のよりどころとなるベトナム寺院として知られている。長粒米はベトナムでよく食べられている米ということもあり、大変喜ばれたとのこと。

木徳神糧グループは、1991年にベトナムで現地企業との合弁で設立したアンジメックス・キトク社によるジャポニカ米の生産と輸出を行ってきた。同社は今回寄付した米が、日本で暮らすベトナム人の力に少しでもなることを願っているとしている。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー