富士フイルム、コロナ抗原検査キット製造販売へ

富士フイルム株式会社は、写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅反応による高感度検出技術を応用した「銀増幅イムノクロマト法」による迅速かつ簡便に検査が可能な新型コロナウイルス抗原検査キットの生産に向けて、同社の診断薬の製造を担う「FUJIFILM YUWA MEDICAL PRODUCTS VIETNAM COMPANY LIMITED.(以下、FUJIFILM YUWA)」に設備投資を行うと明らかにした。

抗原検査は、迅速な検査によりその場で結果を確認できるというメリットがあるものの、PCR検査に比べて感度が低く、高感度化が求められている。

同検査キットは、富士フイルム神奈川工場足柄サイトでの生産を予定しているが、今後グローバルに展開することを踏まえ、ベトナムのFUJIFILM YUWAにて来年度から順次設備を増強し、同検査キットの安定的な生産体制を構築するとしている。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー