今知りたいベトナムのビジネス情報を無料で入手!詳細はこちら

中部クアンチ省で風力発電事業広がる

中部クアンチ省での風力発電プロジェクトが広がっている。既に複数の風力発電プロジェクトが始動しているという。
クアンチ省では2017年、タンホンカウ社が投資額1兆5000億ドン(約6430万米ドル)を投じて建設した出力30メガワット(WM)のフオンリン第2風力発電所が稼働した。さらに同社はフオンヒエップ第1風力発電所にも投資している。同発電所は2020年末にも稼働する見込みで、投資額は1兆5500億ドンになるという。
2019年1月時点でクアンチ省で稼働する風力発電所は1カ所だが、ほかに4カ所で建設が進んでいる。さらに多数のプロジェクトが事業化調査の段階にある。

カテゴリー