電力部門向けの投資、30年までに1500億米ドル必要

(c) Voice of VieNam

ベトナムは2030年までに国内の電力部門の開発に、現在の同国の国内総生産(GDP)の半分に当たる1500億米ドルに上る投資が必要だ――。ベトナム計画開発研究所のダン・フイ・ドン所長がこのほど、こうした見通しを示した。

商工省のまとめでは、電力向けの資本需要は2021年から2030年に1333億米ドルに上る見込み。さらに2031年から2045年にはこれが1841億米ドルに伸びるとみている。

こうした中、共産党経済委員会は、「ベトナムは迅速かつ持続可能なエネルギー開発の道筋を見出す必要がある」と強調した。

引用元:Voice of Vietnam 11月24日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー