ビナミルクが米から乳牛500頭を輸入、生産体制を拡充

(c) Voice of Vietnam

ベトナムの乳業大手ビナミルクはこのほど、米国から乳牛500頭を輸入した。同社はさらに、2021年に乳牛1100~1200頭を輸入する計画だ。これによりクアンガイ省の複合拠点での生産体制を拡充し、牛乳供給体制を強化する。

ビナミルクはクアンガイ省の面積100ヘクタールの用地に、7000億ドン(約3010万米ドル)を投じ、ハイテク技術を導入した牧場を整備している。この牧場は2021年3月に開業する見通しで、ビナミルクにとって2番目に大きな拠点となる見通しだ。

ビナミルクは2019年に、タイニン省にベトナムで最大規模の乳業複合施設を開設した。投資額は1兆2000億ドンに上る。

引用元:Voice of Vietnam 11月02日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー