ハノイ都市鉄道3号線の車両が到着

写真はVnExpressから引用

10月20日未明、ハノイ都市鉄道3号線(ニョン〜ハノイ駅間)の車両がニョン駅に到着した。

これらの車両の積載船は9月2日にフランス・ダンケルクを出港、マレーシアのクランに寄港した後、10月18日に北部ハイフォンの港に到着した。

ハノイ都市鉄道管理委員会によると、3号線では車両10本による運行を予定しており、今回到着した1本目の車両は4両編成で、乗客944〜1124人を輸送できる。商業運転時は時速35キロで走行する。残りの車両については、2021年3月に2本が到着し、最後の10本目が2021年6月に到着の予定。

3号線は高架部分(ニョン〜交通運輸大学)の8.5キロメートルが2021年下半期に先行で商業運転を開始、残りの地下部分は2022年末に開通する予定だ。

引用元:VnExpress 10月20日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー