携帯小売各社、コロナ受け新事業に参入

(c) Voice of Vietnam

新型コロナウイルスの流行拡大とそれに伴う移動制限により、業績が落ち込んでいる携帯電話の小売各社が新事業に乗り出している。

モバイル・ワールド・グループ(MWG)はこれまでに、送金、電気料金や水道料金の徴収などのサービスを開始している。

FPTデジタル・リテール(FRT)は薬局チェーンの開設を進めている。同社の薬局チェーンの拠点数は2020年第2四半期(4~6月)末までに、以前の70店舗から135店舗に増加した。同社の携帯電話販売店は2019年に593店舗で、2020年第2四半期末時点では596店舗とほとんど変化がない中、薬局チェーンは店舗網を拡充している。

引用元:Voice of Vietnam 10月21日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー