国内エアライン、休止路線の再開すすむ

(C) Ngoc Ha

ベトナム国内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第二波が抑制されつつある中で、航空各社は国内線の運航再開を進めている。

ベトナム航空(VNA)は現在、国内の約40路線で1日平均約200便を運航している。9月初旬からは、ハノイ発着のチューライ、トゥイホア線、ヴィン-バンメトート線、ハイフォン-ディエンビエン線を再開した。今後の計画としては、10月1日からハイフォン発着のダラット、ニャチャン、バンメトート線、ダナン発着のダラット、バンメトート線、ハイフォンーダナン線を再開する。

またバンブー航空も運航を休止していたハイフォン-クイニョン線や、ヴィン-ダラット線、ハイフォン-カントー線、ダナン-フーコック線などを9月末から10月中旬にかけて再開する計画だ。

引用元:Nguoi Lao Dog 9月24日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー