ベトナムへの渡航、ビザ取得者に限定

(c) SGGPO

交通運輸省は先ごろ、ベトナム航空局などの関連当局に対し、国際航空線の運航再開に向けた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防対策を実施するよう要請した。

具体的には、ベトナム航空局は外務省と連携の上で、中国や日本、韓国、台湾、カンボジア、ラオスの当局と、入国許可の対象者や入国プロセスなどの取り決めを行う。また入国希望者に対しては、体温測定や、COVID-19予防対策の専用アプリ「NCOVI」のダウンロード、健康状態の申告、RT-PCR検査による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陰性を証明する書類の納付を求める。

また航空券の販売対象者は、ベトナム入国ビザを取得済みで、かつベトナム国内に特定の滞在先がある人に限定される。

引用元:Sai Gon Giai Phong 9月16日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー