外国投資、シンガポールがトップ

計画投資省の外国投資局によると、年初から8月20日までの外国投資総額は前年同期比約14%減の約195億米ドルとなった。

新規認可された外国投資案件は70カ国・地域からで、トップはシンガポールの46億米ドルと全体の47%を占めた。2位は韓国の10億4000万米ドル(全体の10.7%)、3位は中国の10億2000万米ドル(同10.5%)。

分野別では、トップが製造加工で投資額は約810億米ドル(全体の約71%)、次いで不動産、発送電などとなっている。

引用元:Phap Luat 9月8日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー