住友理工、ベトナムに自動車用ホース製造新会社を設立

写真はB住友理工株式会社から引用

住友理工株式会社は、自動車用ホース製造・販売の新会社SumiRiko Vietnam Co., Ltd.(仮)をベトナムに設立すると9月1日に発表した。ベトナムの自動車用ホース製造拠点は2拠点目となる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界の自動車生産台数は前年比で大幅な落ち込みが予想されている。一方、中国ではいち早く販売数量が持ち直すなど、自動車産業は回復の兆しを見せ始めている。

こうした中、同社は新会社をビンフック省の第3タンロン工業団地内に設立し、ベトナム国外向けのゴムホース製造を担う。操業開始は2022年秋の予定で、2024年にかけて順次拡大していく見通しだ。

同社グループは、自動車用ホース事業において、東南アジアではタイやインドネシアにも製造拠点をもつ。これらに新拠点を加えることで、より高品質で競争力のある製品の供給を実現するとしている。

引用元:住友理工株式会社 9月01日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー