ブラックフライデーが始動、各店舗でセール・殺到する顧客

ホーチミン市で11月29日、クリスマス商戦の始まりとなる「ブラックフライデー」が正式に開始した。各店舗では駐車場を特別に用意するなどして対応。1度の駐車料2万ドンという駐車場が出たほか、支払いまでに客がレジに1時間並ぶ店舗も出た。
家電量販店ティエンホアでは様々な家電製品を対象にして50%の割引を行った。
小売大手サイゴンコープでは、スーパーマーケット「コープマート」でセールをスタート。特に家電製品の、化学製品、繊維製品は最大50%の値引きを実施している。そのほかの製品は平均10~25%価格を引き下げた。
電子商取引(Eコマース)プラットフォームでも、ブラックフライデーのセールが実施されている。


カテゴリー