【12月締切】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

ベトナムの不動産投資ターゲットとみられる都市 | ホーチミン市・ハノイ・ダナン・ハイフォン・ニャチャン・ビンズン省

ベトナムの不動産投資ターゲットとなる都市は、南北の中心であるホーチミン市とハノイのほか、リゾート開発が進んでいるダナンなどが挙げられます。一部の外国人投資家はホーチミン市に近いビーチリゾートのニャチャンやその他地方都市にも注目しています。

ベトナムの不動産投資対象となる主要都市はこちら

ホーチミン市

大都市へ急成長中のホーチミン市

ホーチミン市はベトナムの経済・商業の中心地。東南アジアで最も急速に成長している街のひとつと言えます。次々と店舗が新規開業しているほか、コンドミニアムだけでなく、オフィスビルの建設が進んでいます。現在MRTを建設中で、将来的には新空港も開業予定です。中心地1区から将来のビジネスの中心地と言われる2区Thu Thiemエリアに橋も建設中で、2020年代に街並みや人の動きが大きく変わると予想されます。

ホーチミン市という街|ハノイは西へ、ホーチミン市は東へ

ハノイ

歴史や伝統が感じられる都市ハノイも近代化が進んでいる

ベトナムの首都・ハノイ。人口でみるとベトナムではホーチミン市に次いで2番目の規模となっています。政府機関とのやり取りが多い企業がビジネス拠点として出先を設置しているケースも多くみられます。

ハノイという街|ハノイは西へ、ホーチミン市は東へ

ダナン

日本からの直行便も飛び始めた注目リゾートのダナン
ベトナム中部に位置し、100万人を超える人口規模を持つリゾート都市です。当地に拠点を構える日系企業社数も3桁に達しています。

ハイフォン

ベトナム随一の港湾都市ハイフォン
ハイフォン市は、ベトナム北部の都市。ハノイ、ホーチミン市と並ぶ中央直轄市で、ベトナム北部最大の港湾都市です。人口は200万人以上となっています。大規模な工業団地もあり、日系企業も進出しています。

ニャチャン

リゾート地として人気が高いニャチャン
ニャチャンは、ホーチミン市に近いビーチリゾートとして親しまれています。ホーチミン市を拠点とする富裕層のセカンドハウスとしての需要も高まっています。

ビンズン省

ホーチミン市から小一時間のところにある衛星都市ビンズン省
ビンズン省は、ホーチミン市北部県境で接する工業都市。東急(東京急行電鉄)と地場ディベロッパーのべカメックスIDCが合弁を組んで開発している「ビンズン新都市」は、ベトナム最大級の都市開発として注目されています。

まとめ

不動産の投資先という点で東南アジア各国を俯瞰してみると、米中貿易摩擦とTPP11の発効により、ベトナムは強い追い風を受けているといえます。目下、中国からベトナムへの製造拠点の移管が進む中、外資企業の動きがより活発となり人の交流も盛んになる結果、不動産市場にも好影響をもたらすことでしょう。

カテゴリー