三光産業、ベトナム子会社を解散へ

三光産業株式会社は7月14日、連結子会社であるサンコウサンギョウ(ベトナム)CO.,LTD.を解散及び清算することを明らかにした。これに伴い同社は、タイの連結子会社の工場を閉鎖し、販売会社化することも明らかにした。
 
同社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、取引先の工場稼働停止や、同社工場でも部分稼働の状況が続く中、今後の需要も非常に不透明な状態で、事業環境は非常に厳しいものとなっているとする。
 
現在に至るまで、受注獲得に向けた積極的な営業展開や業務効率化、各種費用削減など様々な対応を進めてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化が予想される中、より強固な経営基盤の確立と成長戦略を実行すべく、商社ビジネスに注力するためにベトナム子会社の解散、清算を決定したとのこと。
 
子会社の解散は2020年12月頃を予定しているが、顧客の意向を尊重しながら対応していくという。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー