韓国が観光プロモーション展開

写真はThoi Bao Kinh Te Sai Gonから引用

韓国は7月末からベトナムで観光プロモーションを展開し、アフターコロナのベトナム人旅行者のインバウンドを促進する。
 
韓国観光公社ベトナム駐在事務所(KTOベトナム)によると、7月末からハノイでマーケティングを開始し、段階的にホーチミン市、ダナン、ハイフォン、カントーにも広げる予定だ。これらの5都市は韓国にとってベトナム人インバウンドの重要拠点となっている。
 
マーケティングは個人や旅行会社を対象にオンライン、オフラインで実施し、8~10月に予定されている「新しい韓国の体験ツアー」などを紹介する。
 
KTOベトナムはこれまでにもベトナムの旅行会社に対し、韓国へのインバウンド促進のための視察やプロモーション費用などを支援してきたが、アフターコロナでは支援額をさらに増加するという。
 
韓国を訪れる外国人旅行者の中でベトナムはトップ10に入っている。2019年に韓国を訪れたベトナム人旅行者は55万人で、今年は58万5000人を見込んでいたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で市場は一時的に凍結した。

KTOベトナムによると、年初5カ月で韓国を訪れたベトナム人観光客数は前年同期比95%減の7万3490人にとどまる。

引用元:Thoi Bao Kinh Te Sai Gon 6月18日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー