ベトナムニュースをLINEで毎週配信!無料登録はこちら

酷暑で電気の需要が大幅アップ

(C) EVN

ベトナム電力総公社(EVN)によると、南部では乾期に、北部と中部で暑季に入ったことからエアコンなどの使用による電力需要が高まっている。
 
これらの地域で電気を利用する2600万世帯のうち310万世帯では、5月の電気使用量が前月比約30%増となった。
 
現在の電気料金は6段階の累進制となっている。例として、4月の使用量が300kWhの場合、料金は68万8160ドン(COVID-19対策の電気料金の引き下げ分は未反映)。

5月の使用量が前月比20%増(360kWh)であれば料金は同27.18%増(87万5200ドン)、同50%増(450kWh)であれば料金は同68.69%増(110万ドン)、同100%増(600kWh)であれば料金は同138.87%増(160万ドン)などとなっている。

引用元:Tuoi Tre 6月19日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー