ベトナムビジネスに役立つ情報を無料でお届け!○○に登録すべき3つの理由とは?

ベトナムとは

特集

【ベトナムの日本人スタートアップ】調達額6億円以上!”最高の教育”を”世界の隅ずみ”まで届けたい、オンラインとオフラインを掛け合わせて最高の教育を

取材:2020年8月 子どもの頃の学習体験は、今につながっていますか? 母が小学校の教師で、楽しそうに仕事をしていたのが印象的でした。そういうこともあり、「学習」は子どもの頃から身近だったと思います。ただ、自分も同じよう…

工業団地・MAP

【ベトナム南部・ビンズン省】今、注目度急上昇中の新興都市「ビンズオン省(ビンズン省)」とは?

ビンズオン省はベトナム南東部に位置し、ホーチミン市を中心とした南部経済圏の主要な省の一つです。製造業を中心に多数の日系企業が投資しており、中でもべカメックス東急による新都市開発プロジェクト「ビンズン新都市」が注目されてい…

工業団地・MAP

【ベトナム中部・ダナン】今、注目度急上昇中の「ダナン」とは?3つの世界遺産に囲まれた近代都市

ダナンはベトナム中部最大の都市で、現在、ビジネス・レジャーの両面で、注目度がアップしています。古くから国際的な貿易港として栄え、ベトナム戦争時には最大の米軍基地があったことで知られていますが、今は、すっかり生まれ変わり、…

特集

【特集】どうなるベトナム2019 !? 製造拠点としての魅力と日系企業の進出? | 取材協力・監修:JETRO(ジェトロ)ハノイ・ホーチミン事務所

投資先としてベトナムが優位である点 ベトナムは東南アジア主要国で最高水準の成長を続け、外資を呼び込んでいます。特に進出している日系企業の数はASEAN加盟10カ国のうち、タイ、シンガポールに次いでいます。    なぜベト…

特集

【特集】どうなるベトナム2019 !? マクロ経済から見た現状と将来像? | 取材協力・監修:JETRO(ジェトロ)ハノイ・ホーチミン事務所

一党制が支える経済発展 政治的にはベトナム共産党による一党制の社会主義国のベトナムは、1986年以降「ドイモイ(刷新)」と呼ばれる社会主義指向に市場経済を取り入れる政策が執られています。   ベトナムにおける一党体制の政…

経済団体・交流団体

【JETROホーチミン】日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所 | ベトナム国内の日系経済団体・交流団体

ベトナム国内の日系経済団体・交流団体をご紹介。日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所は、進出前・進出後支援、調査などを通して日本企業をサポートしています。 ◯主な活動内容 「JETRO」は貿易・投資促進と開発途上国…

ベトナム交通・移動

【国内移動・バス】ベトナム国内・国外を長距離バスで移動する | ホーチミン市からプノンペン、ハノイからハイフォンなど

◯国内の移動 ハノイ・ハイフォン間(約2時間)、フエ・ダナン間(約3時間)、ホーチミン・ヴンタウ間(約2時間)など航空路線がない中距離の移動に便利なのがバス。運賃が安く本数も多いのが魅力です。ハノイやホーチミンでは長距離…

ベトナム交通・移動

【海外移動・飛行機】ベトナム国外を飛行機で移動する | ベトナム航空・ベトジェットエアなどのLCCまで

◯日本との直行便 日本・ベトナム間には、ハノイ、ホーチミン、ダナンの3都市から、東京(成田・羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡の4都市5空港への直行便があります。所要約5〜6時間「ベトナム航空」は「全日空」と一部…

ベトナム交通・移動

【国内移動・飛行機】ベトナム国内を飛行機で移動する方法 | ベトナム航空・ベトジェットエアなどのLCCまで

◯主要都市間の所要時間と便数 北部にある首都・ハノイと南部にある国内最大の都市・ホーチミン市の間は、日本の東京・大阪間のような空の大動脈。3つの会社のフライト数を合計すると毎日40便程度が運航されています。所要時間は約2…

ベトナム交通・移動

【交通手段まとめ】ベトナム市内の移動手段 | タクシーの種類から運賃の支払い方、配車アプリの使い方まで解説

◯タクシーの種類 市内の移動に際して、いちばん利用しやすいのがタクシーです。ただし悪質なタクシー会社もあるので、評判のいい会社を選んで利用するようにしましょう。 タクシーは基本的に全社メーター制。都市および会社によって料…

カテゴリー